赤ちゃんのだっこの仕方

###Site Name###

抱き癖がつくからとあまりだっこをしないように言われた時代もありましたが、医学的根拠はありません。むしろだっこは赤ちゃんとの大切なスキンシップでありできるだけしてあげた方がよいです。
だっこの仕方やコツは成長段階にあわせて違ってきます。

抱っこする側が緊張して体が固まっていると抱っこされる赤ちゃんの方も居心地が悪いもの。

リラックスして赤ちゃんに身を任せてもらいましょう。
新生児のころは首が据わっていないため頭と首に注意して抱くようにしましょう。

頭を支えられる横抱きが基本です。

ゲップさせてあげるときなどは縦抱きになりますが、横抱きよりも不安定なので首をしっかり安定させてやりましょう。


首がすわれば抱っこも楽になります。

ただ重くなってくるので抱っこ紐なども使い腕や腰に負担がかからないように工夫しましょう。

赤ちゃんをだっこの優良サイトならこちらで見つかります。

はじめはぎこちなかった新米パパ・ママも毎日抱っこしていく中で少しずつ慣れてリラックスしていけるものです。

どんどん抱っこしてあげるようにしましょう。


ただ、やりすぎて腱鞘炎になったり腰を痛めたりしてしまっては大変です。


特に寝かしつけで夜中に何時間も抱き続けるのはつらいものです。

Yahoo!ニュースのお役立ちコンテンツ満載です。

できるだけ周囲の人にも頼りながらの育児をするようにしましょう。

立ったままのだっこばかりしなくても、座ったまま体重はひざで支えるようにしたり、寝転がって横からトントンとたたいてあげるだけでもいいのです。



できる範囲でのスキンシップをしてあげるようにしましょう。