赤ちゃんが泣きやむおすすめの方法

###Site Name###

長い妊娠生活を経て、やっと待望の赤ちゃんを出産された後は、休む間もなく終わりのない育児がスタートします。わからないことだらけで困ることも多いと思いますが、中でも困るのがなかなか泣きやんでくれないときです。新生児は泣くことが仕事と言われるくらい、生まれたばかりの赤ちゃんは本当によく泣きます。

お腹がすいたとき、おむつがぬれたとき、眠い時など、その理由は様々ですが、そういった思い当たることをすべてしてあげてもダメなときがあります。どうすれば泣きやむのでしょうか。



赤ちゃんが泣きやむ方法としては、お母さんの体内にいたときと同じような環境を作ってあげるのがよいです。

おくるみで包んでだっこしてあげると、お母さんの子宮を思い出して少し泣くのがおさまったりします。
頭を左胸に当てて抱っこすると心臓の音が伝わりやすいので、赤ちゃんも安心できます。

またおなかの中にいるとき、赤ちゃんは「ザー」という音を聞いていると言われています。
この音に近い音を聞かせてあげるのも効果的です。
似ている音としてはテレビの砂嵐の音、スーパーのレジ袋などをガサガサこすりあわせる音、ドライヤーの音などです。



同じような音を聞かせられるスマホアプリなどもありますので、それを試してみるのもよいでしょう。また妊娠中によく聴いていた音楽や歌などがあればそれを聴かせたり歌ってあげるのもよいです。

おなかのなかで聴いていた曲は覚えているものですし、お母さんの声が聴こえればそれだけで安心できます。



泣きやむまで時間がかかることもあります、どうしてもだめなときは割り切って泣かせてあげるのもありです。


思いつめすぎず、こういった方法をいろいろ試してみながら、ゆっくり育児と向き合っていきましょう。