赤ちゃんの夜泣きについて

###Site Name###

出産後、赤ちゃんの世話で休む暇もない女性は多いです。

赤ちゃんの夜泣きで、睡眠不足の女性も少なくないです。
夜泣きとは、世話をしても赤ちゃんが夜に泣くことです。

しかし、世界には、夜泣きという言葉がない国もたくさんあります。
夜泣きは、成長過程で起こる生理的なものなので、夜泣きがひどくても、あまり心配することはありません。おむつを替えて母乳を与えても泣き止まない時は、抱っこして安心させてあげることが大事です。



音楽や赤ちゃんの気を引く音を聞かせると、泣き止むことがあります。

生活リズムを整えることで、夜に泣くことがなくなるケースもあります。



朝起きて、昼間は遊ばせて、昼寝はほどほどにします。

人間の体内時計は1日25時間のリズムで進みます。

1時間のズレは、自律神経が調節します。

このサイクルを体が覚えるのは、赤ちゃんの時です。
ですから、小さい頃から生活リズムを整えることは、子供の成長にとって、とても大切なことなのです。
安眠のために、清潔な寝場所を確保することも必要です。
掃除をこまめにして、風通しをよくし、快適な空間を作ってあげると、安眠の環境が整います。

父親に協力を頼めれば、なるべく頼み、ストレスを溜めないようにすることが大事です。

最近は、核家族化が進み、両親や祖父母などからのサポートを受けられない女性が増えています。

子育てに悩んでも、相談する相手がいないため、ひとりで悩んで育児ノイローゼになってしまう人も少なくないです。



そのため、パートナーなど周りのサポートはとても大事です。