赤ちゃんが寝ない時の対処法

###Site Name###

赤ちゃんは好きな時に寝て、好きな時に起きるものですから、親が寝たいと思っても一緒に寝てくれないこともあるでしょう。
そんな時はイライラしてしまうことがほとんどですが、無理に寝かせようとすると寝ないことも多いので、無理に寝かせなくても良いのだと大らかな気持ちになることも必要です。
寝かせようとするのに親がイライラしてしまうと、そのイライラが赤ちゃんに伝わって余計寝てくれないといったことも多いですから、寝ない時は開き直ってみるのも良いでしょう。



そして赤ちゃんは寝たと思って布団におろしたとたんに泣き出すこともありますから、寝ない様な時は背中におぶってみるのもいいでしょう。

抱っこして赤ちゃんをゆすっているだけだと両腕が疲れてしまいますし、夜だと自分も寝たいのに寝れないことで悲しくもなってしまいます。

おんぶであれば背中におぶっておけるので両手はふさがらないですし、背中があたたかいことで赤ちゃんも眠りやすくなります。
そしておんぶしている時は洗濯ものを畳むなどの家事をするようにするといいでしょう。



寝かしつけする時間を家事の時間にすることで寝てくれないイライラから解放されることができますし、気分も優れるようになるでしょう。
無理に寝かせようとしないことでいつのまにか寝てしまっていることがありますし、家事がはかどった分、昼間の時間をお昼寝の時間にすることもできるので最適です。無理に寝かせようとしないことが大事です。